米国旅行記~その10~

カンザスシティより山田です。
「カンザスシティ」、アメリカのほぼ真ん中にあり、
“Heart of America”というニックネームをもつ町。


町のいたるところに噴水があり、高層ビルの建ち並ぶダウンタウン、
アメリカで最も古いショッピングセンターであり
1922年に建てられた美しいカントリー・クラブ・プラザ、
頻繁に見かけるウエディング姿、ストリートミュージシャン等、
地味だけどなかなかに離れ難い不思議な魅力を持った町でありました。
●カンザスシティ・ジャズ

カンザスシティ、1930年代から50年代頃にかけて、
カンザスシティ・ジャズが華やかだったところ。
18th & Vine地区周辺、歴史的な建物が残るエリアは、
「18TH & Vine Historic JazzDistrict」と呼ばれ、アメリカンジャズ博物館やジャズクラブがあって、見学にライブに行ってきました。

博物館は、18分のオリジナル映画、4人の巨匠(ルイ・アームストロング、チャーリー・パーカー、デューク・エリントン、エラ・フィッツジェラルド)の展示、ジャズ学習スタジオ、アルバムジャケットアート展示、ラジオの歴史等と盛り沢山。
ライブも、地元バンドではなくニューヨーク等からの寄せ集めでしたが、まるでスポーツのような躍動感ある演奏に感動、それに何よりも、かつてカウント・ベイシーやチャーリー・パーカー等が闊歩したこの地で、まさか自分がジャズ・ライブを見てるなんて・・・と笑みが止まらなかったです。^-^

因みにこのエリアは、ホテルのコンシエルジュもタクシーの運ちゃんもが口を揃えて夜は危ないから絶対に歩くなと言われ、事実、夜はこれは本当にやばいなと感じました・・・(笑)
●カンザスシティ・バーベキュー

名物は何といってもカンザスシティバーベキュー!
凄いボリュームですが、安くてとにかく美味しい!
最近は、(年と共に)芋焼酎に焼き鳥で落ち着きかけてたけど、
やっぱり、肉ですね!肉!肉!肉!ビーフ!
暑い中歩き疲れた後の甘いアイス・レモンティーも最高です!

明日から明後日にかけては、
アムトラック鉄道でセントルイス経由でテキサス州ダラスに向かう予定です。
また長旅ですが、すぐご近所のフォートワースと共に、
テキサスを楽しもうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA