フレージング

フレーズ感をもってプレイできていますか?

きちんとフレージングが出来ていないと、
メロディーそのものも違ってきちゃいます。

きちんとフレージングが分析出来れば、ブレスもしやすくなります。
物理的にブレスが必要のないピアノやギターも感覚的には必要です。

譜面上、見た目に休符が無いからといって、ダラダラ繋げちゃダメですよ~
逆に間に休符があっても1つのフレーズな時もあります。

まずはフレージングをしっかりとして、曲に取り組みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA