響き

アドリブを勉強するとき、ただ単に使えるスケールやフレーズを当てはめるのではなく、それぞれのサウンド、性質、特徴などの響きを覚える事が大事です。

この和音にこのスケールをぶつけた時はこんな感じのサウンドがすると言ったような自分の解釈で構わないので、サウンドのイメージを持ちましょう。

鍵盤で和音を押さえながらフレーズやスケールを弾いてみて響きを確認してみるのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA