準備

音を出す前に指の準備をせねばなりません。

例えばピアノで“ドミソ”を弾くのに、
あらかじめ指を“ドミソ”の上に置いといて弾きますよね。

それと同じようにどんな楽器でも出す音の指の準備が必要です。

ちょっとでも休符がある場合は、
全てにおいて次の指の準備をするように心がけましょう。

吹く、弾く、叩くと同時に指を持って行ったのでは、
多少の遅れや音のエラーが生じやすくなります。

また、準備することによって先を読むと言う音楽において重要な事のヒントにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA