輪郭のある息を吐く意識をすると、自然と複式呼吸になります。

息に輪郭とはどういう事かと言うと、
口を“ウ”の形にして細く息を吐きます。
ストローを加えてるような感じで。

そうすると、だだ漏れではない方向性のあるしっかりとした息が吐けます。
それと同時にお腹に力が入り、口の中に息の圧を感じると思います。

この力は必要な力なので、決して楽にはせずにこの力をキープしてください。

こうやって輪郭のある息を意識すると、
ちょっとの息でズバッ圧のあるサウンドが出せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA