共通点を見つけよう。

譜読みをするとき、リズムや入り方、音の並びなど、
なるべく共通点を見つけるようにしましょう。

少しだけでもそう言った共通点を見つけるとヒントになります。

でも、同じリズムなのに音が違ったり、前後が違ったりするだけで全く別物に見える箇所もあるかもしれません。

ですが、シチュエーションや音程などにだまされないようにしましょう。

そんな時は、一度そのリズムだけを歌ってみて(音程を付けずに)同じだと言う事を理解してから音程を付けると簡単に思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA