EQ

DTMでの制作では、ソフトウェアシンセが主流となってると思います。

それで、ちょっとおしい音色ってありますか?
もうちょっとシャープな感じの音にしたい、
もうちょっとソフトな音にしたい、等々。

そんなときは、EQを使ってみましょう。
高い方の周波数を上げると鋭くシャープな感じの音色になります。
逆に低い方の周波数を上げると、太く丸い感じの音色になります。

特にベースやギターの音は、EQをいじってみて好みの感じを探してみましょう。
本物のベースやギターもアンプのトーン(EQ)をいじって音色を作っていきます。

生音とマイクを通した音とのギャップを埋める場合もEQでの調性が必要ですので、常日頃からEQをいじってみて慣れておくと、各周波数域のいじり方がわかるようになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA