調号

調号、正確には調子記号。

みなさん、シャープ・フラットの増えていく順番、言えますか?

ファ#→ド#→ソ#→レ#→ラ#→ミ#→シ#
シ♭→ミ♭→ラ♭→レ♭→ソ♭→ド♭→ファ♭

一般的に出てくるのは、#は5つまでで、♭は6つまでですが、
両方とも理論値の7つまで言えるようにしておいても良いと思います。

曲には必ず調性があります。
その調性に関わってくる調号ですので、
スラスラ言えるようにしておきましょう。

もちろん、調号←→主音の関係もです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA