8分音符

8分音符には自信がありますか?

一般的に登場の多い音符は、4分音符、8分音符、16分音符。
その3つのうちの中間にある音符は8分音符。

その8分音符をしっかりと取るようにすると、
倍の4分音符、半分の16分音符も取りやすくなります。

例えば、表拍から入るフレーズの場合、
テンポによっては、前の8分裏で呼吸をした方が良い場合があります。
その際も8分音符がからんでいます。

また、16分音符のフレーズでも8分音符で感じるべき部分は多々あります。

8分音符攻略です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA