アーティキレーション(管楽器)

アーティキレーションを表現する時に、口の中で歌えてますか?

例えばタンギングをするときに、「舌を付ける」と思わずに口の中で「タ」と言うつもりです。
スラーとタンギングが混じってるような場合は、「タラタタ」とか「タタラタータ」など、タンギングをする音は「タ」スラーの音は「ラ」に置き換えて、スラスラっと歌えるようにしましょう。
スラーの時は、実際には「ラ」と言うよりもノーアクションな訳ですが、歌う時は、「フー」とか「ウ」で歌うよりも「ラ」の方が歌いやすいので、一般的にそうします。

ですので、「タ」と「ラ」でスキャットのように歌ってみて、そのままを楽器で表現するようにしましょう。

常に口の中でそう言った動きをしてイントネーションを付けるようにするとアーティキレーションをしっかりと表現出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA