平均律と純正律

みなさん平均律と純正律って知ってますか?

世の中の楽器のほとんどが平均律基準で出来ています。
ですが、平均律は転調の便利さと引き替えに若干の“オンチ”をプラスしてしまいました。
きちんと説明すると長くなってしまうので詳しくは書きませんが。

綺麗にハモろうとするならば、ドとミ(長3度)の場合はミをちょっと低め。
正確には-14セント。ちなみに1セントは半音の1/100。

ドとミb(短3度)の場合はミbをちょっと高め。
正確には+16セント。

そうすると本当の正確なハモりが出来ます。
実はチューナーにはそのガイドがあります。

でも大事なのは耳で合わせる事です。

ちょっと難しい話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA