裏拍の入り

裏拍で入るのって難しいですよね。

でも大事なのはその表拍をしっかりと感じる事です。
メロディーが裏拍で入っているからといって、裏拍に乗ってしまってはダメです。
8分音符の裏でも16分音符の裏でもです。
表拍の感じ方がしっかりと出来ると、迷うことなく、探ることなく、ドンピシャで裏拍の入りが出来るようになります。
その方がとても音楽的に聞こえますので、合ってるからいいや~と思わずに表をしっかりと感じる術を身につけましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA