腹式呼吸

今日、生徒さんが飲み物を飲むときに若干むせていました。

「複式呼吸で飲んでくださいね~」
と言ったところ、???な感じでしたので説明を。
飲んだり食べたりする時は、一時的に口の中へためてから飲み込みます。
で、その飲み物や食べ物を口に吸い込む時と言うのは腹式呼吸な訳です。
間違って、胸式呼吸で吸い込んでしますと、気管に入ってゲホゲホしてしまいます。
では、どうやって胸式ではなく腹式呼吸で吸い込むのかと言うと、舌をめがけるだけです。
口の中の下の方へ向けて吸い込めば気管へ入らずに済みます。
逆に言うと、上向きな感じで吸い込んでしまうと胸式呼吸で吸ってしまい、気管に入って痛い思いをしてしまいます。
こういった事からも、腹式呼吸を練習するのに、ストローで飲み物を飲むイメージだったり、ざるそばやそうめんを想定して勢いよく吸い込むようなイメージで息を吸うとそれだけで腹式呼吸になります。
ま、下向きに吸うと言うのが大事な訳ですが。
そう言った感じで日常生活の中にもヒントもたくさんあります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA