頭と耳

理論の勉強はテキストでの勉強だと思いがちですが、あくまでも音楽は“音”です。

楽譜に書いてあるコードや音符はテキストですがそれを音にして耳で確かめていく事が大事です。
書面だけ読んで頭で理解するだけではダメです。
ただ漠然と弾くだけでもダメです。
頭で理解して耳で確認して、その繰り返しです。
そうしていくうちに音楽の感覚が養われてきます。
ですが、楽器をある程度自由に扱う事がまずは必要ですのでやっぱり練習ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA