休符の感じ方

裏拍から始まってるフレーズですが、音符がある所からフレーズが始まってると思ってませんか?

裏拍から始まってる場合は、必ずその表拍を感じるようにしなければなりません。
カウントやメトロノームで入れなかったり、伴奏が変わると入れなかったり、感で入ってたりする場所は表拍を取れてないのかもしれません。
どんなフレーズでも表があって裏拍の意味が出てきます。
それを表を感じずにただ発音場所の音符だけ追ってしまっては、本来のリズムを出す事は出来ません。
決して難しい事では無いので、順を追って身につけて行きましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA