CD紹介

ジャズピアニスト、チック・コリアのCD「Alive」を紹介します。
発売当時(1992年)はよく聞いていたのですが、
最近、10年ぶりくらいで久々に聞いて懐かしく思いました。
チックはもちろんカッコイイのですが、
ジョン・パティトゥッチがウッドベースを
これでもかというほど弾きまくっています。
当時は結構衝撃でした。
またデイブ・ウェックルのテクニカルなドラム。
コテコテのジャズドラムって感じではありませんが、
縦横無尽にたたきまくっているプレイは正直気持ちが良いです。
なかなか楽しめる1枚だと思うので、
機会があれば是非聞いてみて下さい。

p.s.昨年末くらいにチックがヤマハのCMに出ていて
結構太っていたのに驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です