欧州旅行記~その12~

ウィーンより山田です。
21(日)ブダペスト(ハンガリー)より特急列車で約3時間、
ウィーン(オーストリア)に到着です。

ドナウ川を挟んで西側をブダ、東側をペストと呼ぶ街ブダペスト。
何と行ってもドナウ川と9本ある橋の内で最も有名なくさり橋や王宮は素晴らしく、夜の街灯の町並みも、ちくしょう何て絵になるんだベダペスト!といった感じでした。

ハンガリーと言えば、偉大なる超絶技巧派ピアニストであり作曲家のリスト(民族的にはハンガリー人ではないらしいですが)。リスト広場、音楽アカデミー(リスト音楽院)、リスト・フェレンツ記念博物館と多数。写真の博物館は、ファンなら号泣ものでしょう。

より感銘を受けたのは、コダーイ・ゾルターン記念博物館。
自筆の譜面やノートブックは勿論、多くの本が並ぶ本棚ある書斎。
やっぱりよ~く勉強されてたんだなと…巨匠に敬意です。

あと、ヨーロッパでは結構主流らしいプライベートルーム。
(一般家庭の空き部屋を借りるシステム)に初めて泊まってみました。
今回は、おばさまが所有するアパートの1室を丸ごと借りて、
現地の情報も沢山聞けてまあ当たりでした。
カップルやグループで1都市長く滞在するならお勧めかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です