音楽ファイル

先日もビットレートについて書きましたが、
今回は根本でるファイルの種類についてです。
音楽ファイル(圧縮)の種類は、mp3、AAC(m4a)、WMA等ありますが、
みなさん普段はどの種類にしていますか?
今日、生徒さんがデジタルオーディオレコーダーを持って来ました。
それで、その機械で録音したモノはもちろん聴けるけど、
パソコンから取り込んだファイルで、
聴けるモノと聴けないモノがあると言います。
まず思ったのが、音楽ファイルの種類で、
取説を見てみたところ、案の定waveとmp3のみの対応でした。
と、言うふうにAAC等に対応していない機器があったりするので、mp3にしたほうが互換性と言うことにおいて今のところベストだと思います。
(mp3だったらほぼ大丈夫なはずなので)
ヴァーヴでは、DstのみMac OS9を使用していまして、
OS9環境ではAACは聴くことが出来ません。
せっかく用意してきたファイルなのに聴けないともったいないですもんね。
ちなみにiTunesではデフォルトでAACになっているので、
mp3ファイルにする為には変更が必要です。
みなさんもお使いのエンコードソフトをチェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA