リード

リードってどのくらい持つの?
リードの寿命は?
と言う素朴な疑問。

割れちゃったり欠けちゃったりしたらもちろんダメですが、
壊れなくても寿命と言うものがあります。

リードは新品よりもある程度吹いて上げた方が鳴りが良くなります。
それで、その“落ち着いた”時期を過ぎると寿命を向かえます。

ではどうやって判断をするかと言うと、
吹き心地や出音で判断をします。
ポイントとしては、
・鳴りが悪くなる。特に高音や低音。
・タンギングがしにくくなる。
・すぐに乾燥する。
・なかなか湿らない。
・見た目に古い。。。

そう言った判断をする為にも
普段の吹きやすい状態・良い状態を覚える事です。
ですので、常に自分が出している音と吹き心地を相対的に感じられると良いですかね。

良くないリードや寿命のリードでの悪戦苦闘はもったいないですからね。
よくわからないと言う場合は、迷わず先生に聞いてみましょう。

ちなみに新品(寿命じゃない状態でも)でちょっと欠けちゃっても大丈夫な場合もありますので、試しに吹いてみましょう。
あくまでも程度によりますが。。。
よこがちょこっととかね。。。

初心者から経験者まで楽しくわかりやすいレッスン♪
verve music school [渋谷]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA