装飾音符

音楽を豊かに表現する手段の一つでもあります。

気をつける事は装飾音符を入れても入れなくても
同じフレーズに聞こえる事です。

装飾音符を入れたからと言って、
リズムやノリが変わってしまってはフレーズそのものが変わってしまいます。

装飾音符を入れない時と入れた時を交互に何回も練習する事が大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA