読譜力

楽譜を読むのが苦手~だと思い込んでいる方もいるかもしれません。

実は、苦手なのではなく、慣れていないだけなのです。

楽譜を見て、パッと瞬時に何の音か把握して実際に音に出すまでの時間が
短いほど良いのですが、初めて楽器を手にした方は、音符を読む事と
楽器の指使いを同時進行で覚えて行かなくてはいけません。

最初は少し時間がかかるかもしれませんが、
しっかり音符を読んで、指使いとセットで覚える事で慣れてきます。

練習方法として、楽器無しで楽譜をドレミで読んでみるのもすごく大事です。

慣れてくると、演奏しながら少し先の小節を見る事も出来るようになるでしょう。
そうすると臨時記号や転調にも瞬時に対応できるようになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA