抜き差し

ケーブルの抜き差しはきちんとコネクタ部を持ちましょう。

コード部を持って抜くと中の接合部がちぎれてしまう恐れがあります。

ヘッドフォン等の抜き差しも同様です。

ケーブル類も楽器の一部なので、扱いには気を付けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA