練習

早いフレーズや、長いフレーズの時、
最初はもちろんゆっくりやったり細かく分けて練習します。

ある程度出来てきたら繋げてみましょう。
ある程度ラフになっても構わないので、
途中で止まらないようにおもいきって。

それで、繋げ慣れしてきたら、
あらためてラフな部分を丁寧に練習しましょう。

ある程度出来る様になったら、
速いテンポばかりではなく、
グッとテンポを落としてゆっくり練習するのも大事な事です。



[東京・渋谷区] verve music school
ヴォーカル、サックス、ピアノ、ギター、作曲、ベース、フルートの個人レッスン。
初心者から経験者まで楽しくわかりやすいレッスンです♪
まずは無料体験で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA