Avoid Note

いわゆる“そぐわない音”ですが、
使ってダメな訳でも避けた方が良い訳でもなく使い方です。
あ、メロディーでのお話です。(和音上ではほぼNGと思って下さい)

上手に美味しく使えれば、赤身がトロにもなります。

[東京・渋谷区] verve music school

ヴォーカル、サックス、ピアノ、ギター、作曲、ベース、フルートの個人レッスン。
初心者から経験者まで楽しくわかりやすいレッスンです♪
まずは無料体験で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA