裏拍

裏拍に入りが苦手な方、
その表拍をしっかりと感じるようにしましょう。

歌や管楽器であれば、表拍でしっかりと呼吸が出来れば裏拍で入りやすくなります。
竿モノの楽器であれば表拍で指(ピック)を弦に置いて裏で弾くようにすると良いです。

そのタイミングが何となくになってしまうと、
何となくな裏拍にしか聞こえません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA