ブレス時の上の歯(サックス)

サックスでブレスをするとき、上の歯が浮いちゃってませんか?

マウスピースをくわえる深さはとても大事ですよね。

良いポジションをキープする為にも、
ブレスの時に歯をマウスピースから放さないようにしましょう。

ですが、「放さないように!」と言う意識が強すぎて、
口を閉じたまま鼻や管の中から息をしないように注意です。

口の両脇から吸いましょう。

でも、上の歯、下唇を付けたまま口の両脇と言っても
いまいちピンと来ない方もいます。

一つの方法として、マウスピースに上の歯と下唇を付けたまま
「あー」と声を出してみましょう。

そうすると、若干口の両脇が開きます。
そのくらいで十分呼吸が出来ます。

開けすぎも要注意です。

それでですが、
開けすぎずにきちんと口呼吸が出来ると、
それだけでも腹式呼吸のヒントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA