Autumn Leaves

ジャズで有名なこの曲、もともとはシャンソンナンバーです。

代表的な演奏はサックスのキャノンボール・アダレイ名義の「Somethin’ Else」の演奏や、ピアノのビル・エヴァンスの演奏だったり。

一般的にGmで演奏する事が多いですが、チェット・ベイカー/ポール・デスモンドはFmでやってたり、ジョー・パスはEmだったりもします。

よくあるコード進行なので、他の曲でもこのコード進行が使われてたりもします。

ちなみにマイルス・デイビスがLiveでやってる時は、3、4、11、12小節目のI、IVを半音違いのIIm7、V7に置き換えたりしています。

みなさんお気に入りのAutumn Leavesはありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA