力が入っちゃうポイント

しっかりとテンポ感や拍子感を維持する事が大切です。

楽器系だと、指が苦手な場所、ポジションチェンジの場所、ボーカルだと音程が取りにくい場所、力の入っちゃう言葉の場所、等々。

流れを混乱させるようなシチュエーションだと、テンポ感や拍子感が狂いがちです。

そう言った部分を上手い事ねじ伏せても、流れの中ではあまり目立たないかもしれません。

ですが、ねじ伏せた感は聞く人が聞けばわかってしまいます。

せっかく習っているので、そういった部分を「ま、いっか」で流さずに解決していくようにしましょう!

その一つ一つの解決が、後の結果につながっていきますよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA