抜く感じ

スラーの終わりの音にスタッカートが付いているとき。
いわゆる抜く感じです。

ボーカルだと、洋楽の歌詞に多いかもしれません。
サックスだと、その音だけ息を大幅に少なくする感じ。
鍵盤でも同じようにその音を大幅に小さくする感じ。
竿モノだと、ハンマリング+スタッカートみたいな。
太鼓系だと、余韻って感じ。
様々なシチュエーションでこのフィーリングがあります。
これが出来ると、ググッと表現が広がります。
出来ないと、棒な感じに聞こえちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA