音の切り方

出だしの音はもちろん重要ですが、
終わりの音の処理もとても大事です。

若干余韻を持たせて終わらせたり、
急ブレーキのように終わらせたり。

その時々のメロディラインや、シチュエーションによって終わらせ方が変わってくると思うので、ベストなフィーリングを考えてみましょう。

コピー譜をやっている時は、どう音を処理しているかも聞いて参考にするようにしましょう。

音の終わらせ方一つでフィーリングが変わってきますよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA