緊張への対策

みなさん、緊張しますか?
緊張をしない方法って言うのは、ある意味永遠のテーマかもしれません。

ま、定説かもしれませんが、思いつく内容を。

・不安要素を残さない
入る場所、リズム、拍子感等々、何となく入れるではダメです。
しっかりと場所や入り方を把握する事が基本です。

・難易度は合ってますか?
難しい事にチャレンジするのは良しとしても、レベルにあった曲やフレーズにしておかないと緊張以前に出来ません。

・コンディション
音・声を出したときに、“いつもの感じ”と感じる事が出来てますか?
出しにくい、聞きにくい、弾きにくい、等々、コンディションが違うと、それだけでストレスになり、それが緊張材料になってしまいます。

・集中する
不安要素を残さないと言うのと近い部分ではありますが、きちんと拍子や拍を取ったり、音楽へしっかりと耳を傾けたり、フレーズへのアプローチの確立等々、組み立てがきちんと出来ていると、音楽へ入り込めます。
音楽へ集中と言う事が、結果緊張や余計な考えを取り除くと言う事に繋がるかもしれません。

その他いろいろとあると思いますが、緊張した時にどんな事について緊張してしまったかを自分なりに分析してみるのも良いと思います。
案外、自分で原因がわかっているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA