タイ

表拍がタイで繋がっているリズム。
みなさん苦戦しがちですね。

大事なのは、常に表拍をとり続ける事です。
表拍を取らなくて良い瞬間などはありません。

タイや休符、フェイントに聞こえるアクセントなど、
どんなにトリッキーなリズム・メロディでも常に表拍を取る事が全てです。

難しく感じたり、わからなくなってしまうと言う事は、
その瞬間、リズムにだまされて表拍が取れなくなっている瞬間でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA