サックスのシ♭

サックスのシ♭、bis key、side key、同じように使えてますか?
得意な方に偏らずに、適切な方をきちんと使えるようにしましょう。

bis keyは、押さえる力が強すぎると、シのポジションとの行き来がしずらくなってしまうので、ギュっと押さえすぎないように注意です。

side keyは、人差し指の上げ下げで押さえようとせずに、手全体で押すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA