ジャズのフィーリング

ジャズフィーリングを出す為には裏拍のイントネーションが大事ですが、
アクセントになりすぎないように気をつけましょう。

サックスの場合は、裏拍に軽くタンギングを入れるだけで十分です。
アクセントのタンギングになってしまわないように注意です。
本当はハーフタンギングが良いのですが、出来ない場合は普通のタンギングでOKです。

ピアノ、ギター、ベースなどは、その表現を音の強さで表現するしかないので、その場合もジャズフィーリングの裏拍と通常のアクセントとの違いに気をつけましょう。

ボーカルでのスキャットなんかは、言葉のチョイスですね。

ジャズフィーリング=裏拍のアクセントになってしまわないようにですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA