腹式呼吸

発声や管楽器などでとても大事な腹式呼吸。
呼吸の話になると、どうしても吸う方ばかり気にしがちですが、自信のない方は吐く方を意識してください。

そんなに沢山吸わなくて良いので、ただお腹に力を入れて吐き始めます。
口をすぼめて少しずつ吐くのが良いかもしれません。

苦しくなってきたらお腹を引っ込めて限界まで吐きます。
もうダメと言うところで、自然に息を吸いましょう。

その時も、ただお腹を戻すような感じで使った分だけを吸うようにしましょう。
決して満タンにはせず、マイナスになった分をゼロに戻すようなつもりです。

吸う意識よりもしっかり吐く意識をすると、変な吸い方をしなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA