フィンガリング

サックスのフィンガリングは力を入れすぎずに軽い方が良い訳ですが、軽すぎ(遅い)てもダメです。

タンポとトーンホールが塞がるか塞がらないかの微妙な隙間の時は、音が止まりそうになってしまいます。
ですので、押さえる時は指の瞬間移動をイメージしましょう。
軽く叩くようなイメージでも大丈夫です。

でもギューッと握ってはダメですよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA