個体差

楽器には必ず個体差があります。

当たりハズレなんて言い方もよくします。
ハズレでは無いにしてもそれぞれ微妙に違っていたりします。
ですので、可能な限りの試奏やチェックが必要です。
楽器本体に限らず、サックスの場合はマウスピースやリガチャーなどもです。
必ず試奏が必要です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA