ビート

どんな音楽にもビートがあります。

8分音符主体であれば、8beat。
16分音符主体であれば、16beat。
Bounce主体のジャズフィーリングの4beat。
シャッフルビート等々。

曲がどのノリで、どのbeatなのかをしっかりと把握し感じるようにしましょう。

間違ったノリになってしまっては、フレーズの入りからして入れなくなってしまいますよ~
カウントを感じる時もそうです。
beatを刻んだカウントを感じるようにしましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA