キメのリズム

キメのリズム。

曲によっては全体的にあるのもあれば、一部分だけガッツリだったりと出てき方は様々です。
でも重要なのは、キメのリズムだからと言ってリズムに乗ってはダメです。
大事なのは常々話題にする拍と拍子です。
キメのリズムが表拍だろうが裏拍だろうが2拍3連だろうが、拍と拍子をおろそかにしたり見失ったりしては、不自然な感じに聞こえてしまいます。
特に伴奏がキメのリズムで、フロントがそうではない時なんかは特にそうですね。
何か取りづらいな~なんて思うリズムやキメなんかは、拍や拍子が取れなくなっている場所でもあると思うので、どう間違ってとらえているかを先生に診断してもらうと良いですよ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA