ブレス位置とフレージング

ブレスをただの呼吸の場所と思っていませんか?

もちろん燃料となる息を吸う場所でもありますが、それ以上に大事な事は、フレーズとしての枠を聴かせる場所でもあります。
ですので、息が苦しくなったら吸うのではなく、フレージングをしっかり見極めると自ずとブレスの場所が決まってきます。
逆に言えば、息が持つからと言ってずーっと繋げっぱなしで吹いていてはフレーズ感が曖昧になりますし、聴いてる側も苦しくなってきてしまいます。
息が持つ持たないの前に音楽性を左右するフレージングをしっかりと把握する事が音楽を聴かせる上でとても重要です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA