リピート記号

楽譜を見たときに、リピート関係をきちんとチェックしましょう。

普通のリピートにくわえて、D.C.、D.S.、Coda、bisなど、
「戻る、進む」と言った記号もチェックですよ~

「あれ?どこに行くんだ?」と思った瞬間は遅れてしまいます。
事前のチェックが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA