音色

どんな楽器でも軽く弾けばソフトな音、強く弾けばアクセントな感じの音が出ます。
楽器を弾く際の強い弱いは、ただ単なる音の強弱ではなく、音色の変化でもある事を意識しましょう。
曲のフィーリングや、その場面で適切なサウンドを出す様にですね。

ガツンと聴かせたい場所ではガツンと弾かなければその場面に見合ったサウンドが出てきません。
また、その逆もそうですね。

全部が同じになってしまわないように、曲ごとやフレーズごとに最適なサウンドを見つけるように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA