圧力

しっかりとした息はとても大事です。

そのしっかりとした息の支えとなるのはお腹の力であり、体の中の内圧です。
10の息を吸って10吐いてしまっては圧縮率が低くなってしまい、力の無い大きな音となってしまいます。
大きい音なのに力が無いって矛盾してる風に聞こえるかもしれませんが。
大事なのは、出す音に対してそれより更に体の内圧を高めておく必要があります。
10吸ったら7~8割程度に抑えておかないと圧力のある音を維持できません。
大きい音、小さい音に関係無くです。
話がまとまらなくなってきたので今日はこのへんで。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA